エディションの評価 2017年度 ノワールコノスルを徹底比較し厳選 2017年度 リミテッド

お花畑とはいかないがまあ!スミレの花壇といったところ。レゼルバより濃い感じです。先日、楽天でかなり値下げされていました。

いまオススメの商品!

2017年06月24日 ランキング上位商品↑

コノスル リミテッド エディション ノワール【コノスル】【20バレル リミテッド エディション】 ピノ ノワール [2015] 750ml・赤

詳しくはこちら b y 楽 天

実はまだ頂いてないのですが、高級ワイン然とした立派な包装とどっしりした瓶に感動しました。中でもシラーが一番お気に入りです。もともと!ピノ好きではないのですが!お店の品揃えのために購入しています。カルベネがとてもおいしかったので、期待を込めて☆4つです。ラベル写真みて初めて気づいたが、まあ微妙な味だったので興味を失ったワインだし、まあいいか。なお!2011年産を注文したのに来たのは2012年産。チリ産のピノは個人的にはあまり飲みませんがラインナップ的に購入しております。これより500円高い仏ピノに満足しましたが!全て美味しいコノスル社のこれには更なる期待をこめて!!この価格でこのテイスト。それでも!下のクラスのシングルヴィンヤード(イマイチ)を正常進化させてちゃんと美味しく仕上げた感はあって!これは美味しくいただきました。ぼくはvolnayが好きですが!20 barrelも冷やして飲むとうまいと思いました。初めは酸が強く喉に突っかかりますが!時間がたつごとに丸くなります。ワイン通の方には結構評判は高いです。値段が倍だということを考えるとレゼルバで十分かなと思います。飲むのがたのしみです。ただ、同シリーズのカベルネ・ソーヴィニヨンメルローの濃厚甘渋系に比べ、ややインパクトに欠ける味わいです。飲まれる際は早めのばっせんをお勧めします!。先に購入したワインセラー(ハイアール 51本)が満タンになったので、もう一台欲しいなぁ〜と思っています。寝かせるよりすぐ飲めるピノですね。ワイン好きのお客から言うと!少し物足りなさはあるがおいしい!という方が多いです。香りはそこそこ華やかで!すぐピノとわかるもの。さすが20バレルです!これが2000円のピノ!?まだ若いので酸味が目立ちますがこの価格は納得のレベルです。やはり!チリという土地柄でしょうか?コノスルのピノは!ブルゴーニュとは全く別物だと思って飲まないと!その濃さにがっかりします。こちらは1本しか購入していないので、タイミングを見て追加買いしようかと思います。飲むと!ラズベリーなどのベリー系が前面に出てきて!その後ろにややビターな感じ(これがタバコやなめし皮?)があって!複雑さないし奥行感につながっているようです。たまにはピノもいいではないかと注文しました。しかし香りはそれほどでもないです。白ワインが飲みやすいので好きですが!コノスルのこのシリーズは!とても飲みやすくて気に入ってます。コスパ最高です。20バレルの中ではカルベネが大好きなため、ピノはあっさりと感じます。